高級巨乳リアルドールの活動範囲画像

巨乳セックスドールは人間の皮膚を模倣するプラチナシリコンでできています。 シリコン製品自体の特性上、過度の可動性や移動角度が大きすぎるとシリコンが破損する場合がありますのでご注意ください。シリコンは非常に伸縮性のある素材ですが、乱用や過度の伸張によりこれらのヘキシットシリコンが裂けたり裂けたりする可能性があります。

巨乳ラブドールの各体の部分に推奨される活動制限は次のとおり:

頭画像:

巨乳ラブドール頭

巨乳ダッチワイフの頭は金属製のコネクターで本体に接続されており、左右に自由に動くことができます。

ただし、ネックは金属製のスケルトンで固定されているため、ヘッドアップとヘッドの前後スイングは45度を超えてはならず、左右のヘッドスイングは45度を超えてはなりません。

肩と上腕画像:

リアルドール肩活動

上腕は胸の前に上げることができます。これは約60度前にあります。彼らはわずかに5-10度曲げることができます。

セックス人形上腕活動

それらは胸の高さと同じ高さ、つまり両方向に約60度まで水平に上げることができます。上腕を内側に折りたたむとき(胸をしっかりと抱きしめるとき)、上腕を胸を超えてはなりません。

巨乳セックスドール上腕

下腕と手首画像:

大きな胸ラブドール下腕活動

巨乳ラブドールの下腕は、一方向に90度回転できます。変位制限は骨に設定されているため、下腕は他の方向に曲がったり回転したりすることはできません(実際の女性のように)。

セックス人形手首活動画像

自慰の巨乳ドールの手首は45度上下に曲げることができます。下腕は60度回転できます(これも、実際の女性の体のようにです)。

リアルドールエラー画像

セックスドールのウエストライン画像:

巨乳人形の腰は水平に曲げることができ、その角度は30度に制限されています。

ラブドールウエストライン画像

腰が前後に曲がる角度(腰が曲がって胸が前に曲がる)は、40度に制限されています。体が左右に回転する(腰をねじる)場合、角度は40度に制限されます。
腰が曲がりながら同時に回転すると、全方位の角度が重なり、限界値が半減します。たとえば、腰を同時にねじり、腰を左に曲げると、すべての方向の角度制限が最大20度に減少します。

お尻と太もも画像:

巨乳ダッチワイフ太もも画像

セックス人形の太ももは最大130度、片足離すと100度まで伸ばせます。
ただし、巨乳ダッチワイフの太ももを大きく開くことはお勧めしません。開くと、ラブドールのシリコンに過度の張力がかかり、損傷する可能性があります。

ラブドールお尻画像

推奨される安全脚の開き角度は両側で50度ですが、本体の内側の垂直線は15度を超えません。1本の脚の場合は、90度を超えて持ち上げないでください。体の垂直線から15度を超えて後方に曲げます。

膝と足首:

巨乳セックスドール膝画像

巨乳セックス人形の脚は最大120度後方に曲げることができ、推奨される角度は100度です。機械式変位リミッターがあり、前方に曲がることはできません。

リアルドール足首画像

ダッチワイフの足首は上下両方向に45度回転できます。同様に、機械的な変位リミッターがあり、あまり回転できません。

等身大アルドールの目:

アルドールの目画像

セックス人形の目はすべてアクティブです。眼球は内部にバネ構造を持っていますので、等身大リアルラブドールの視線を動かしたい場合は、まず目を開いて眼球を少し押し戻し、眼球を新しい角度に回転させてください。

セックス人形の目

自慰のダッチワイフの目の回転角度は120度に制限されています。巨乳ラブドールの視線を奇妙な角度に回転させないでください。

その他:

これらの巨乳アルドールはより広い範囲を移動できますが、上記の角度は公式に推奨されている活動制限です。限られた角度を超えると、この部分のシリコンが破れる可能性があり、推奨修理を行う必要があります。

セックス人形活動範囲画像
セックス人形足を180度開脚・M字開脚・体育座り・指先を曲げてピースをさせたりなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です